相続相談

相続問題(遺言・遺産分割)で弁護士に相談するまえに

相続に関するあらゆる問題を分かり易くまとめています

特別受益

相続人がひとりではなく複数いる場合、それぞれの相続人にどの割合で財産が割り当てられるのかは民法で定められています。この割り当てのことを、法定相続分と言います。

しかし、法定相続分どおりに財産を分けても不公平になることもあります。
それは生前に相続人の内の誰かがお金や不動産等の贈与を受けている場合や、遺贈により他の相続人よりも多く財産をもらえるようになっている場合もそうです。
その他にも、この人には不動産、あの人には現金を、といった形で特定の財産を特定の相続人に指定し分割を行う分割方法の指定もそうです。
このような、贈与、遺贈、分割方法の指定といったものが特別受益にあたります。

このように相続人の間で不公平が生じないようにするために、相続開始の際の財産に生前贈与の額を加えたものを相続財産とみなし相続分を決定するという制度が特別受益なのです。

特別受益であるとみなされるものは、
1. 遺贈
2. 婚姻、養子縁組のための贈与
3. 生計の資本としての贈与
この3つです。

特別受益が認められる場合には、その受益分も相続として計算することになります。
これを特別受益の持戻し、と言います。

遺産相続用語

あ行

か行

さ行

た行

な行

は行

ま行

や行

ら行

わ行