相続相談

相続問題(遺言・遺産分割)で弁護士に相談するまえに

相続に関するあらゆる問題を分かり易くまとめています

遺産分割

誰かが亡くなってしまった場合、遺産を相続する必要があります。
その時に行われるのが遺産分割です。
遺産分割というとただ遺産を分けるというイメージがありますが、実はそこにはいくつかのルールがあります。

まず行われるのが遺産分割協議です。
これは相続人が集まってどのように遺産を分割するのかを話し合うものです。
遺産分割の第一歩で、ここでスムーズに遺産の分け方が決まるのが理想です。
もちろん遺言書があるかどうかもこの協議に大きくかかわってきます。
遺言書に書かれた個人の意向に相続人が同意すれば何の問題もありません。
しかしもし相続人の中で遺言書の内容に賛同しない人がいる場合、次の段階に進むことになります。

遺産分割協議で紛糾した場合には遺産分割調停が行われます。
これは家庭裁判所が行うもので、各相続人の事情を聴き、分割方法の希望などを聴取します。
遺産分割調停も基本的には相続人同士が納得できる形で遺産分割できるように助けるものです。

もし遺産分割調停でも相続人が納得しない場合、自動的に遺産分割審判に移行します。
遺産分割審判は調停を申し立てる前でも行うことが可能ですが、基本的には調停を最初に行うように勧められます。
ここで判決が出たなら、その分割方法に従わなければなりません。

遺産分割の方法にもいくつかの種類があります。

まずは現物分割です。
遺産の中に土地や建物、預金がある場合などは現物分割で遺産を分けることが可能です。
例えば土地は妻に、建物は長男に、預金は長女にといった形です。
手続きは非常に簡単ですが、場合によっては不公平感が出るというデメリットもあります。

別の方法は代償分割です。
例えば長男に土地と建物を両方相続させたいとします。
そのままでは不公平になってしまうので、その代わりに長男が次男に相応の現金を支払うようにすることができます。
これが代償分割で、不動産などの名義変更もスムーズに進められるというメリットがあります。

現物分割や代償分割ができない場合、他の方法として換価分割があります。
これは不動産や動産を処分して、得たお金を現金で分割するというものです。
不公平感がなくきっちりと遺産分割が行えます。
しかし遺産を処分する費用や手間がかかるというのがデメリットでしょう。

遺産分割の方法、相続人同士の話し合いなど遺産分割には多くの要素が関係します。
いざという時に困らないように、今からしっかりと準備をしておきましょう。

遺産相続用語

あ行

か行

さ行

た行

な行

は行

ま行

や行

ら行

わ行